機内での快適な過ごし方

- 機内での快適な過ごし方

機内での快適な過ごし方

格安航空券を手に入れたら、まずは乗り継ぎ時間と飛行時間を頭に入れておきましょう。
どんなにわくわくするフライト時間でも、同じ姿勢で何時間も過ごすのはなかなかハードなもの。
できるだけリラックスして過ごせるように準備をしておきたいものですね。

グッズは借りられるものと借りられないものがある

あまり飛行機に乗らない人の場合、なかったら困ると国内であってもついつい荷物が多くなりがちです。
ブランケットやイヤホンは機内で配られることがほとんどですし、枕も貸してもらえます。
ただし、ゆっくり寝たい人にはドーナツ型の機内用枕がおすすめ。
これは機内にはないので、事前に用意しておくとよいですね。
空気を入れてしぼませられるタイプもあるので、収納に便利です。
夜中のフライトの場合はどうしても、メイクを落としたいと考えるもの。
メイク落としと保湿剤、また、着陸前にメイクができるようコスメも最低限もち合わせていると便利です。

子供連れは大変

荷物が特に多くなるのが子供連れ。ミルクのお湯や飲み物、離乳食やおむつなど数え上げればきりがありません。
もちろん、備えあれば患いなしといいますが、あまり大きな荷物だと到着する前に疲れてしまいますね。
調乳用のお湯は機内でももらえる場合がありますし、ベビーミールをリクエストしておけば、瓶詰めの離乳食をもらえることだってあります。
オムツも用意されていることがあるので至れりつくせり。心配な場合は事前に確約はできませんが、希望を伝えておくとよいですね。
ただし、ローコストキャリアに関しては、これらのサービスを一切カットすることで安値を確立しているものであるので、すべて自分で用意する必要がありそうです。
格安航空券にそれなりの値段しか払っていないのでれば、それ相応のサービスとの覚悟も必要。過度な期待でがっかりすることもないでしょう。

飲み物は飲み放題か

飛行機で嬉しいサービスの一つが、飲み物が好きなだけ飲めること。ただし国内においてはアルコールは別料金というものが多いようです。
機内に入れば旅も始まったも同然、財布の紐も緩くなるので、一杯二杯注文してみても良いかもしれませんが、セキュリティチェックを通過した後の売店で購入しておけば機内よりは安い値段でお酒が楽しめるというものです。
ほどよくアルコールを摂取すればよく眠れ、あっとゆう間に目的地に到着することができるでしょう。
また、同行者と普段話さないような内容の話に花を咲かせてみるのも良いかもしれません。

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 ツアーや個人旅行で国内旅行を楽しもう!旅費を抑えた格安旅行のすすめ All Rights Reserved.